性感染症アプリ「STI OMOIYARI」がリリースされました!

性感染症(Sexually Transmitted Infections:STI)の受診促進や予防、罹患リスクのデータ集積を目的とした、性感染症セルフチェックのためのスマートフォンアプリ「STI OMOIYARI」が2020年12月24日にリリースされました!(弊社が、開発を担務させていただきました。)

近年、国内におけるSTIの蔓延が問題となっています。

特に、梅毒患者は急激に増加しており、また、HIVの新規感染者については、先進国で唯一、増加に歯止めがかかっていない状況です。

 

 

◆「STI OMOIYARI」とは

性感染症アプリ「STI OMOIYARI」は、順天堂大学医学部総合診療科学講座によるSTIの受診促進や予防、罹患リスクのデータ集積を目的とした医学研究アプリです。

性感染症は疾患の性質上、受診をためらう患者も少なくなく、それが病状の進行や感染者の拡大に繋がっています。また、A型肝炎・B型肝炎・尖圭コンジローマ(ヒトパピローマウイルス感染症)などの性感染症はワクチンで予防可能であるにも関わらず、ワクチンの認知度は低く、予防に役立っているとは言えない状況です。

そこで、今回の性感染症アプリ「STI OMOIYARI」では、性感染症の受診促進や予防とともに、より多くの性感染症に罹患された方からデータを回収し調査を行うことで、今後の予防法や治療法向上へつなげることを目的としています。

※アプリユーザーには、調査研究の内容・回答データの取扱いなどを項目別にわかりやすく説明した後で同意署名をもらうなど、調査研究参加にあたり十分なインフォームドコンセントを行います。

 

 

◆「STI OMOIYARI」の特徴

①1分でできる性感染症のセルフチェックが可能

性行為を行った時期や、自覚症状をアンケート形式で答えることで、かかっている可能性のある性感染症を確認できます。
このセルフチェックは匿名で1日3回まで実施可能です。

②最寄りの検査機関(保健所)が検索できる

セルフチェックでかかっている可能性のある性感染症があった場合でも、自分が住んでいる場所や職場、学校等の郵便番号を入力することで、最寄りの検査機関(保健所)が検索できます。
保健所での検査は匿名で受けられるので、これを機会に受診やその後の治療につながることを目指しています。

③検査受診日やワクチン接種日を管理するカレンダー機能

検査を行った日や受診をした日、ワクチンの接種日を把握しておけるようカレンダー機能を搭載しました。
複数回打つ必要のあるワクチンもこのカレンダーで接種日を管理し、機会を逃さないようにしています。

④性感染症を知るための教材画面

主な性感染症に対する、症状や感染経路、治療法、予防方法などを知ることができる教材画面を作成しました。
なるべくわかりやすく説明をし、見やすい教材となるようデザインにもこだわっています。

 

性感染症は、性行為があればだれでもかかる可能性のある感染症です。
自分自身や大切な人を守るため、性感染症減少の貢献のためにも一度セルフチェックを行ってみませんか?

性感染症アプリ「STI OMOIYARI」、たくさんの方のご参加をお待ちしております!

 

◆アプリダウンロードはこちらです

STI OMOIYARI
性感染症(STI)の受診促進や予防、罹患リスクのデータ集積を目的とした、性感染症セルフチェックのためのアプリ

https://apps.apple.com/us/app/sti-omoiyari/id1543100140

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください