お知らせ

NEWS
コンタクトレンズの適正使用と管理ができる研究アプリ 「コンタクトダイアリー」iOS版がリリースされました!

コンタクトレンズの適正使用と管理ができる医学研究アプリ「コンタクトダイアリー」のiOS版が2021年2月25日にリリースされました!

コンタクトレンズは本邦で約1600万人が使用していると推測されています。コンタクトレンズを使用されている方の中には、使用時の不快感や不調を感じたことのある方がいるのではないでしょうか?

そのようなコンタクトレンズ装用による眼不快感の症状の収集、不快感の原因分析を行うことを目的として開発されたのが「コンタクトダイアリー」です。

 

◆「コンタクトダイアリー」とは

コンタクトダイアリー」は、順天堂大学医学部眼科学講座・デジタル医療講座の猪俣武範准教授らの研究グループによるコンタクトレンズの適正使用と管理ができるアプリケーションで、収集した情報をビッグデータ解析することで、コンタクトレンズ装用による眼不快感の症状の見える化と不快感の原因分析に繋げることを目指しています。

これまで、コンタクトレンズ装着時の不快感等の発症に及ぼす影響の程度は明らかとなっておりませんでしたが、「コンタクトダイアリー」を用いることで、コンタクトレンズに関する多くの情報収集が可能となり、みなさんの情報がコンタクトレンズ装用による不快感等の研究に役立ちます。

※アプリユーザーには、調査研究の内容・回答データの取扱いなどを項目別にわかりやすく説明した後で同意署名をもらうなど、調査研究参加にあたり十分なインフォームドコンセントを行います。

 

◆「コンタクトダイアリー」の特徴

①ダイアリー機能
毎日のコンタクトレンズの使用時間の記録、ドライアイに関する質問紙票、瞬き時間や眼の赤み度測定から、眼の症状を測ります。これらの情報は毎日の記録としてカレンダーに表示され、カレンダーから日々の記録を確認することができます。

②アラート機能
コンタクトレンズの装用時間や交換日、眼科受診予定日がアプリ上に表示され、コンタクトレンズの装用状況を把握・管理することができます。また、コンタクトレンズの適正装用時間を超過した場合や、コンタクトレンズの交換期間を過ぎた場合にアプリからアラート通知が届きます。

③ポイント機能
①で記録された情報は、写真判定機能とコンタクトレンズ関連ドライアイやアレルギー性結膜炎に関する質問紙票を用いて、「うるおいポイント」と「キレイ眼ポイント」という点数化がされ、眼の状態を可視化できます。点数は円グラフに、1週間の点数と装用時間の推移は複合グラフで確認することができます。

 

◆アプリダウンロードはこちらです
たくさんの機能が搭載された、医学研究アプリが完成しました!
コンタクトレンズユーザーの方は今一度コンタクトレンズの装用やご自身の眼の状態を確認・管理し、医学研究に貢献してみませんか?
コンタクトダイアリー」たくさんの方のご参加をお待ちしております!


コンタクトダイアリー
↓DLはこちら↓
https://itunes.apple.com/jp/app/id1550097501

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ
トップに戻る