事業内容

service

医学研究・医療関連アプリの
企画・開発

双方向コミュニケーションによる医学研究を
医学研究・医療関連アプリの企画・開発

医療の現場でもデジタル化による恩恵を受ける機会はとても多くなりました。
弊社ではその中でも医学研究のアプリケーションに特化して、企画・開発に力を入れています。


アプリを活用すれば、時間や場所を問わない医学研究が可能です。
臨床研究における「もっと多くの被験者のデータを集めたい」「全国/地域別にデータを集めたい」「被験者の日々の生活情報を収集したい」という思いを実現し、双方向コミュニケーションができる新しい臨床研究のカタチを提供します。

アプリを使用した医学研究イメージ

アプリを使用した医学研究イメージ

医学研究にアプリを
活用することのメリット

被験者数のUP

被験者数のUP

スマートフォンを用いることで、従来の研究よりも短期間で多くの被験者を集めることができます。

いつでもどこでも

いつでもどこでも

被験者は場所を問わず、普段の生活を送りながら空いた時間で研究に参加してもらうことが可能です。

被験者の日々の生活情報の取得

被験者の日々の
生活情報の取得

スマートフォンに搭載されているセンサーを活用し、歩数や睡眠時間など、被験者の生活情報を取得することができます。

削減と管理

削減と管理

被験者が入力したデータは自動でクラウドサーバーに集積されるため、データパンチや管理の手間は一切なくなります。アプリを活用することで時間や紙の削減につながります。

例えばこんなアプリを作りました
実績はこちら

医療機関向け
Webサイト・システムの
制作・開発

”あったらいいな”をカタチにする
医療機関向けWebサイト・システムの
制作・開発

病院の先生から「こんなウェブシステムがあったら使うんだけど」「こんな機能があったら患者さんはきっと喜んでくれる」と言ったお声を日々頂戴しています。
それらは一般的なシステムを応用すれば作れるものもあれば、今までになかった考え方を形にして欲しいという要望まで、さまざまです。


これらをカタチにすることで、時間的余裕が生まれ、コミュニケーションの機会を増やすことにつながると思って対応しております。

この二つを持った専門集団だからこそ、
医療従事者の皆様が思い描く仕組みを
作ることができるんです。

紹介する実績はほんの一部です
実績はこちら

医療のIT化コンサルティングやPR

これからの研究用問診はデジタルで
医療のIT化コンサルティングやPR

たとえば、研究用問診をするのに時間がなくて患者さんに説明できる時間がなかった!なんてことはありませんか?


我々は研究用問診をiPadでもできるように開発し、患者さんへの説明補助となるコミュニケーションツールも提供しております。
これは弊社のお客様よりお声をいただき開発したシステムです。


メディカルローグでは、そういった、「あったら便利」なシステムから、「ないと困る!」と言ってもらえるような仕組みの開発まで、これまでの経験から柔軟にご提案しております。


医療機関のPRのご相談も多くいただきます。
患者さんに伝えたいことや、これがあると伝えやすいと思うことも制作・開発しております。




Air問診

Air問診

従来、紙で行う研究用問診をタブレットに置き換え、医師の業務の効率化を図ります。
これにより、紙の管理や集計作業の手間削減など様々なメリットをもたらします。
収集されたデータは、セキュリティに配慮し管理されます。

他にもワクワクするような
仕組みを考えてます
実績はこちら

患者満足度調査代行・集計・解析

「調査」だけで終わらないその先のご提案を
患者満足度調査代行・集計・解析

患者さんから選ばれる医療機関にするためには、患者さんからのご意見や評価が重要になってきます。
それらを調査する1つの方法が「患者満足度調査」です。
患者満足度調査を実施している医療機関は多いと思いますが、その結果はサービス向上や経営改善のために活かされているでしょうか?


弊社では、満足度調査を実施するだけでなく、得られた結果から改善策の提示まで行うことを大事にしております。
外来と入院、それぞれ各診療科ごとの調査結果から、課題は複数抽出されますが、その中でもどれを優先して取り掛かるべきかまでを結果として出してご提示します。


お問い合わせ
トップに戻る